インターネットの用語集

通販

通信販売の略語のこと。インターネットが普及しいていなかった時代は、テレビショッピングのことを通信販売と呼ばれていた。

ネットが普及して、楽天市場やヤフーショッピング、アマゾン等の大手サイトに店を構えて販売することが一般化した。その他、自社の販売サイトを設けて自社ブランドを直接販売する行為も通販である。

通販で購入する際の料金の支払い方法は、クレジットカード払い・代金引換・銀行振込み等が主流である。最近では電子マネーの普及で、クレジットカード払いを選択するユーザーが多い。

発送は、佐川急便やヤマト運輸が主流で、通販大手のアマゾンでは配送料が無料なる等、店頭で購入するよりも安く手にいれることが可能である。最近では百貨店等で現物を見て、ネット通販で購入する人が増えています。

楽天市場ではランキングというものがあり、一番売れている商品とそれを販売するお店を知ることができます。それにより買う側への安心感と販売するショップの質の向上につながっています。

通販でよくあるのが「口コミ」というもので、商品を購入したユーザーがそのお店の対応や、商品への感想を書き込めるようになっており、新規ユーザーがそれを見ることによってそのお店で商品を買うかどうかの重要な選択肢の一つになっています。

現在、スマートホン(通称スマホ)の普及で、通販市場はさらに右肩上がりの状態にあります。それにともない商品を紹介する自社アプリ等を制作する会社も増加しています。