バナー関連用語

ソーシャル・ネットワーキング・サービス

SNSとは、「social networking service」の略である。社会的なネットワークをインターネット上で構築するサービスのことであり、人同士の繋がりをサポートするコミュニティ形式の会員サービスのことである。

代表的なものして日本ではmixi・GREE・Mobage、海外ではFacebook・Myspace等がある。意味合いからいってブログや掲示板等もソーシャル・ネットワーキング・サービスに含まれる。ほとんどのSNSが登録制となっている。招待制であったミクシィも2010年にそれを廃止した。

SNSのビジネスモデルで柱となっているものは、インターネット広告による収益モデルである。ユーザーをサイトにどれだけ滞在させることができるかが、このモデルのキーとなる。

ソーシャル・ネットワーキング・サービスで利益を上げるためには、ユーザー数を確保する必要がある。その増加したユーザー間のやりとりをスムーズにするためにもサーバーを運営していく計画的な措置が必要になってくる。

SNSには自身の写真やプロフィール等を公開する機能や、メールアドレスを知られずに別の登録者にメッセージを送る機能等があり、自分の知り合いと知人の知り合いという新しい交流が生まれることがある。

日本では現在フェイスブックが急激に広まっており、ミクシィから移行する人も増加している。ブログ・ツイッター・フェイスブックを、それぞれの特徴によって使い分けるソーシャルの使い手が多くなっている。