バナー関連用語

画像加工

ホームページやブログに掲載する画像やバナー広告をグラフィックソフトにより加工することを画像加工という。

画像加工の主な内容として、写真をトリミングする画像の切り抜きや、明るさや色味を調整する色調補正がある。

プロのカメラマンが撮った写真はクオリティが高く加工が不要であるが、一般の人が普通のデジタルカメラで撮った写真はそのままでは暗かったりよけいなものが写っていたりと、ブログやホームページに掲載するには不十分な状態である。その為に画像の加工が必要で、高度なグラフィック処理ソフトがあればプロが撮った写真に近づけることが可能である。

プロフィール写真の顔のしわやしみ、ほくろ等を消すことができるため、最近では専門のサービスとしている制作会社まで存在している。画像加工ソフトの代表格としてアドビ社のフォトショップが有名である。

バナー広告のデザインに写真やイラストの切り抜きがよくつかわれている。グラフィックソフトがあれば自由自在にレイアウトが可能であるため、ソフトさえあれば一般の人でもバナーを制作することが可能である。

最終的には、作成者のセンスによって完成度が大きく変わってくるので、商業サイトに掲載する場合は、プロのデザイナーにバナー作成を依頼することが最終的に売上に直結します。