バナーの用語

ドロップシッピング

通信販売形態の一つでネットショップから注文を受けた時点で、卸売業者から直送させる運営方式のこと。商品を提供する卸業者の価格に自由に上乗せして販売することができ、売り上げの一部がショップ側への利益となっている。

国内で有名なサイトは「もしもドロップシッピング」で、無料・簡単・安全というフレーズで初心者からアフィリエイターまで35万人以上もの人が利用している。

在庫をもたず、商品を発送することなくネットショップを開店できることがドロップシッピングの最大のメリットである。卸売業者側は、商品を販売するための業務を軽減できることからお互いにメリットがある。一般の小売業者とは異なり在庫をもたなくてよいので、金額設定が高く売れなくてもショップ側は損をすることが無い。

ネットショップ側は、膨大な商品の中から好きなものを自サイトにて販売することができる。利益率の高いものから利益は低いがよく売れている商品までさまざまである。

企業と提携して利益を得ることでいえばアフィリエイトとドロップシッピングは同じであるが、自分で商品の値段をつけることができるのがドロップシッピングの最大の特徴である。

良いことが多い反面、「在庫をもっていなくても簡単に儲かる」というようなキャッチフレーズで一般人を勧誘し、初期費用ということでユーザから金銭を徴収する業者が現れ社会問題になっている。